HOME社長ブログ仕事観に関するお話 > 病気になってから元気になろうとしても遅いのが経営
社長ブログ
病気になってから元気になろうとしても遅いのが経営

 新しい事を始めようと思うと、人間の多くは拒絶反応を示す。


昔の恩師にこの言葉を言われて、大きくうなづきました。


私自身もそのように感じる事も多いですし、ましてやそれが経営者以外のスタッフとなると当然そうなるのでしょう。



会社は常に変わらないと続けられない。


それも、ある社長さんに言われた言葉なのですが、本当にそうだと思います。

 

逆に、何も変わっていないという事は死を意味するのだと。

 

 

調子がいい時こそ変わらないといけないのに、大抵の人間はそれが出来ずに悪くなってから変わろうとする。


これは、当社にも同じことが言えます。
調子がいい時こそ変わらないといけない。


病気になってから健康に気を使っても遅い。

 

健康なうちに病気にならない対策を打つ事が、長生きする秘訣なのでしょう。










 

お問い合わせはこちら