HOME社長ブログ仕事観に関するお話 > 従業員満足度を向上させたい。
社長ブログ
従業員満足度を向上させたい。

 年が明けてから新人が入社したり、東京の新しい事務所を探したりと普段と違う動きにバタバタとしておりましたが、ようやくいつもの営業活動のバタバタ感が戻ってきました。


今年は新しい事にチャレンジしたいという考えもありますが、何より従業員満足度を上げていけるように色々と取り組んでいきたいと思います。


WEB制作業や広告業というのは当社だけが例外ではなく、とにかく夜が遅いのが当たり前。

外で作業をするわけでもありませんので、やろうと思えば幾らでも仕事が出来てしまうのです。


最近は以前に比べて随分マシになったとは思いますが、それでも9時を回ってもまだ電気がついている事なんてしょっちゅうです。


私が若いころは夜中の2時、3時まで何て当たり前でした。家に帰ってシャワーだけ浴びてまた会社に行く。
なんて事が月のうち4.5回はあったような気がします。


今みたいにブラック企業だなんだって言っている余裕なんてありませんでした。

みんな会社の為、自分のスキル向上の為に一心不乱に目の前の仕事をこなしていただけなのではないでしょうか。


私は、当時の会社を恨んだりしたことなど一度もありませんでしたし、むしろ仕事が楽しくて楽しくて仕方なかったので、土曜日とか日曜日だって出来る事なら仕事をしたいなと思っていた位です。


あの時、一所懸命頑張った事がとても大きな自信になりました。
いざとなったら朝まででも仕事すればいい。
寝なくても、何とかなる。


今の自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ。

テレビで武田鉄也さんが言っていたことがあったのですが、まさにその通りだと思います。

今を頑張れない人間は将来も頑張れません。
 

結婚したから頑張ろうとか、彼女が出来たから頑張ろうとか、子どもが学校に行くようになったから頑張ろうとか考えたってもう遅いのです。


世の中では、リストラされて苦しんでいる人たちがたくさんいるようですが、私から言わせたらそんなもの自業自得です。

その会社に入ったのも、リストラされたのも自分が選択しただけの事。
誰も悪くない。

人生には様々な選択肢があります。
その選択をしていくのは自分自身なのです。


ただ、そんな思いはここ何年か封印しようと心がけています。
一部の社員にはたまに飲みの席とかで話したりはしますが、今の時代、そんな事言ってたら若い子たちは付いてきません。


周りに守られているのが当たり前の世代ですからね。


自分で選ぶのではなくて、他人に選んでもらうのが当たり前の世代なのです。



私はそんな事をされると逆に反発してしまう性格なのですが、だからこそ経営者しか生きる道が無かったとも言えます。


誰もこんなめんどくさい人間を雇ってはくれないでしょうからね。


話しが脱線しましたが、とにかく今年は従業員の満足度を上げていこうと思っています。

私自身ももう少しプライベートを充実させていきたい。
そんな思いがあるのかもしれません。









 

お問い合わせはこちら