HOME社長ブログ > マックスラインに関するお話

社長ブログ

2017年2月23日
一気に4職種を中途採用しようと思います。

 当社は3月が決算。

1月までの速報値では、残り2ヶ月を残して、前年の売上3億円を上回り、現在3億6千万円。

このペースで行けば4億円を超えるのはもう間違いありません。


改めて事業計画書を見ると元々計画していた予定が、
3億円→3億4千万円

それが、4億円になるとある意味、計画が狂ってしまいます。




当然、スタッフの数が同じだと当然業務が回らなくなりお客様に多大なる迷惑を掛けてしまいます。
だからと言って新人ばかり大量に採用しても品質低下でご迷惑をお掛けしてしまいますし、そのあたりをどう判断するのかがとても難しいことだと思います。


「期の途中で慌てて増員するのを避けよう。」

という事で今回は決算前の3月に思い切って4職種の採用活動を同時に行おうという結論に至ったのです。


今回求人情報サイトに出した募集職種は、
①営業
②営業アシスタント
③WEBライター
④プログラマー

の4職種

皆さんご存知だと思いますが、この場合求人広告費用は通常の4倍掛かるのです。


先ほど、営業のH君がこんな事を呟きました。


「こんなに沢山募集してたら、直ぐに人が辞める会社だと思われるんじゃないですか……」

と!

「えっ!まじか?君でもそう思うんだ……」

決して当社はそんな会社ではない(と思っている)のですが、あまりにも求人活動ばかりしていると、頻繁に人が辞めていく会社だと思われても仕方ありません。


それは、私も解っているのです……


昔、求人広告会社で働いていた時に最も稼がせてくれる会社は、今で言うブラック企業でした。


どんどん人が辞めるから、次から次へと求人広告を出してくれるそれはそれはありがたい存在だったのです。



当社がそんな会社と同じと思われるのはもちろん嫌です。



ですが、新しい期が始まる前に、新しい仲間を迎え入れて、更なる高みを目指していきたい。
そう思うからこそ、今回一斉に求人するという判断に踏み切ったのです。



採用予定人員は8名程度を考えています。

ただ、そうなると、実はとても大きな課題があるんですよね。


それは、座るところが無い……


東京はまだ少し余裕がありますが、大阪は完全にやばくて、応接スペースを無くさないと机が置けない状態までになってきています。


それも、現段階の話で、それ以上採用するとなるともう引越しか、また一部屋借りるかという選択肢しかなくなってきます。





さあ、困った。どうしましょう……
 


 

 

 

2015年10月10日
パートナー加盟店が45社になりました。

昨日はパートナー向け営業研修でした。

 

5社の新規パートナー様にお越しいただいたのですが、営業のやり方をお話させていただくのが一番楽しいと感じています。

 

 

昨年の7月からスタートしたパートナー募集。

 

 

なかなか当初はこちらの思いをお伝えする事が出来ないケースも多かったのですが、成功される方も徐々に出てきた事と、助成金の追い風もあって最近は一気に増えてまいりました。

 

 

現在、45社。(10月10日現在)

全国地図も徐々に埋まりつつありますし、3月までには100社まで増やしてパートナーさんに更なるスケールメリットをご提供できるようにしたいと考えております。

 



まだまだ、未熟なパートナー制度ですが、仕組みを磨いていきパートナー様およびその先のお客様にも喜んでいただけるようにしていきたいものです。

 

 

2015年10月7日
お客様の声を聞いて愕然とする毎日

9月からアフターフォロー専門のスタッフを起用し、主に東日本地区のお客様にご訪問させていただいているのですが、当社の対応が不十分だとのお叱りを何件か頂きました。

 

おそらくこれは氷山の一角でしょう。

 

 

当社を信頼していただいたお客様を裏切る事は決してあってはなりません。

 

 

 

新規顧客よりも既存顧客を大事にするのは当たり前のことですし、
全く目が届いていなかったんだなと深く反省した次第です。






まず、電話やメールでのやり取りがどうしても増えてしまい、お客様のご意向をうまく汲み取れなかったのが一番大きな要因だと考えました。


遠距離だから仕方ない。

 

そんな甘えが私自身にあったのも事実です。



ですが、今後は場所を問わず定期的に訪問させていただく機会を設け、お客様により身近な存在に思っていただけるようなアフターフォロー体制を築いていきたいと考えています。





それ以外にも問題は山積みだと感じました。

 

 

やっぱりお客様の声を聞かないと解らないことって凄く多いです。

 

 

 

お叱りを言っていただけるということは非常にありがたいことですので、それを活かして更なるサービス向上に努めていかないといけないいけません。

 

 

 

ご迷惑をお掛けしたクライアント様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。

 

2015年4月30日
中途採用・求人活動中です!

人材採用は何よりも慎重になるべき。

昔、求人広告会社で働いていたこともあり、やる時には思い切って採用活動をすべきだという考えが自分自身の中に残っています。


とは、言いながらもあまり多額な求人広告費を掛けられるほど財力がある訳ではないのですが、それでも無料だからといって職安に頼るほど人材に対しての考えを軽く扱っていません。


仮に求人広告で30万円ほど掛かったとしても、使えない人間を雇って後で苦しむことを考えればそんな金額安いものです。


マックスラインは優秀な人材が多いですね。と褒めていただく事もよくあるのですが、優秀な人材を確保する為に、できる限りの求人広告費用を掛けているつもりです。

特に、当社が使うのはリクナビネクスト。
最初は、金額も高いし当社何かが出しても何て消極的だったのですが、他のどの媒体と比較しても人間の質が一番いいのは、リクナビだと思います。

釣れる釣れないは別にして、大きな魚がいる場所で釣りをしないと大物は釣れませんからね。


ただ、本当に良い人材を採用するためにはやはり新卒でしょうね。
うちは、たまたま良い人材を中途採用することに成功していますが、実際、優秀な人材は中途採用市場に流れてくるケースは少ないと思います。

それは、解っているのですが、弊社の今の状況だと新卒採用は敷居が高いですね。

早くそれができる様にならないととは思うのですが、あと3年くらいは掛かりそうな気がします。

2014年11月2日
パートナー様向け営業研修を実施しました。

昨日は、新規パートナー加盟店の皆様への営業研修を行いました。

福岡から2名、愛媛から1名、滋賀から1名のご参加です。 


愛媛の方とは今回初めてお会いしたのですが、えっ!?

ってくらい可愛らしい女性の方でちょっとテンションあがってしまいました。




11年会社をやってきて、その多くを営業活動に当てている経営者というのもどうかなと思ったりしておりますが、さすがにこれだけやるとノウハウは半端ないもんですね。

クレームを出さずにお客様にも満足頂いて、かつホームページ制作受注を獲得するにはどうすれば良いのか?

「ひょっとしたら俺、日本で一番上手なんじゃないの?」


って天狗になるくらい、自分自身では完璧に近い手法だと思っています。


実際、パートナーに加盟すれば、11年分の営業ノウハウとMax Pressが手に入るんですから、パートナーさんは本当に幸せだと思います。


見積もりの書き方、ホームページ診断書の書き方、営業トークの仕方、どれをとっても私が悩み苦しんだ十年間の結晶なのですから。
ただ、これを自分たちだけ抱えていたのではダメだ。他の方々にも提供したいと思ってパートナー募集に踏み切ったのですから、知っていただくのは当然の事なのですが……



まだまだパートナー募集は始まったばかりですが、3年後には日本最大のホームページ制作パートナーにしてみます。
そして、日本で一番安心できる制作集団を作っていきたいと思っています。

もう、自分たちだけじゃないんだ。

パートナーさんの為にも絶対にこの事業を成功させてみると固く心に誓った一日でした。

2014年7月29日
起業のリスクと経営者への道

 7月30日(水)31日(木)の二日間、東京フランチャイズ独立開業EXPO2014に出展します。

11年前の7月30日に和歌山県で起業してから、はや11年。
ちょうど設立記念日にこれから起業しようという方と出会えるというのも何かの縁を感じます。


経営者の道を選んだ頃は、何も怖いものが無くて、自分は何でも出来ると思っていました。

正直
「失敗したらどうしよう?」
なんてこれっぽちも思っていなかったような気がします。

ただ、それから先は色んな失敗の危険に何度も遭遇することになるのです。




やはり一番の悩みはお金の事でした。
営業マン時代は、自分の営業数字さえ残していればそれで良かったのですが、経営者になるとそうもいきません。


売上が上がっていればそれでいい。
なんて考えは全く通用しなかったのです。


予期せぬミスでお金が出ていく事もありました。

思うように売上が伸びないことも、納品が進まずにお金に出来ない事も何度もありました。


その度に必死になって頑張って何とかやってきた。
そんな11年間だったと思います。


こういう事を書くと、経営者になんてなるもんじゃないという方も居るかもしれません。

しかし、私はそれを辞める気は全くありません。
というよりも、今更サラリーマンが出来ない。

というのが本音でしょう。


サラリーマンなら嫌な相手とも仕事をしないといけませんし、幾ら頑張っても結局のところその全部は自分に返ってきません。


経営者なら、リスクも自分で背負わないといけない反面、やったことは自分自身に返ってきます。

良い事も悪い事も自分の責任。
誰のせいにすることも出来ないのです。




独立をする時にフランチャイズ加盟を検討される方も多いと思います。
それは、ノウハウを最短で手に入れる為には良い選択なのでしょう。
しかし、私が見る限り、フランチャイズに加盟する事=成功させてくれると勘違いしている人が多いような気がします。


フランチャイズ加盟したからといって、成功できるかどうかはあなた次第。
基本、本部は何もしてくれないと考えたほうが無難です。


逆に、本部の指示に則って全てを行わなければならないようなチェーンの場合、それは経営者ではなく、リスクを背負った労働者というべきなのかもしれません。


当たり前ですが、経営者なのですから、自分の会社の事は自分でやる。
誰も助けてなんかくれません。
逆に、フランチャイズ本部のSVに経営指導してあげるくらいの意気込みが欲しいところですね。


当社のパートナー制度は、フランチャイズではありません。

ただ、その分、自分の思うようにWEB制作業を行っていただく事が出来ます。
経営者としての楽しみを奪いたくない。
その思いで現段階ではFC化はしませんでした。

きっと、楽しく仕事が出来るはずですよ。
興味がある方は是非ブースにお立ち寄りください。
 

2014年3月5日
ホームページ制作業の原価について

ホームページ制作の原価について

各企業のやり方によっても変わると思いますが当社の例を出しますと単純に考えて1時間あたり5000円の報酬に設定しています。


仮に、ホームページを作るのに丸5日かかったとして……


5000円×8時間×5日間=20万円という計算が成り立ちます。

1人のWEBデザイナーが20日間×8時間作業をしたとして、
5000円×8時間×20日間=80万円

という生産性になる訳です。

80万円から、WEBデザイナーの人件費や必要経費などを支払うという形がオーソドックスだと思ってください。

それだけを考えれば凄く儲かりそうな気がするかもしれませんが、80万円の中から営業経費やその他必要経費が出ていくわけですから、実はほとんど残らないと言っても良いかもしれません。

また、お客様の都合や当社スタッフの提案力不足により、デザイン案が修正になったりしてしまい、予定の工数よりも長く時間が掛かってしまうケースも多々あります。


当社の利益率をトータルで考えた場合、単純な初期の制作料ではほとんど利益が出ないと考えたほうが無難です。

もちろん、変更等の費用をお客様に請求できるのであればいいのですが、なかなかそうはいかないのが現実だと思います。
お客様とすれば、プロに期待している訳ですから、自分の思っているものを作ってほしいという願うのは当然です。

その為なかなか変更代金を頂戴する事は難しいと思います。


では、どこで利益を出しているのかというと、当社の場合は月額のご利用代金から利益を出している形になります。


制作料自体はあまり儲からなくても、月額利用料で収益を少しずつ上げていく。

これが、当社のビジネスモデルなのです。


 

ホームページ制作業には、単に制作する事だけを求められている訳ではありません。
集客のアドバイス、企画提案などをするスタッフも当然必要になってくるでしょう。

 

単に安くホームページ制作を依頼したいだけなら、個人事業主の方にお願いしたほうが断然安いと思います。
自分一人の給料を幾らに設定するかにもよりますが、仮に40万円と設定すれば当社の半額になる訳ですから……

ただ、その場合、コンサルティング的なアドバイスはほとんど望めないとは思いますが、ノウハウを知っているという方はお願いされるといいかもしれません。

 

 

当社の場合は単にホームページを作りたいという依頼はほとんどありません。

やはり、Max Pressと集客ノウハウを求めて来られる方がほとんどだと思います。

 

ホームページ集客に困っていない方はほとんどお客様になっていただけないのが現状です。





2013年5月30日
何があってもジタバタしない

 今月はとても大変な1ヶ月になりました。

ええっ!?って事が沢山。


ですが、経営者たる者どんな事があってもジタバタしてはいけない。



尊敬する社長している社長さんから言われた言葉。



その言葉を100回くらい思い出した一ヶ月となりました。

2013年5月15日
組織改革を断行

 本日大幅な組織改革を行いました。

スタッフからは
「斬新ですね」
の声が多く聞かれる程の大幅改革。


ここまで大胆で大丈夫かと少々不安もあったのですが、
スタッフ全員気持ちよく反応してくれてほっとしました。


決まった以上は明日から施行。

即やるのがマックスライン流です!
 

2012年11月17日
10年で最高の一日

 今日ほど興奮した日はありませんでした。

起業してから10年。今日が一番興奮しました。

 

 

具体的にお話しできるのはもう少し先ですが、

とにかく、マックスラインが凄い事になりそうな気がします。

 

 

あと、1年後には社員が100名くらいになってて、
東京、名古屋、福岡に営業所があって、
わんさかホームページを作ってる。
 

そのイメージがはっきり描ける一日になったと思います。

 

今日は寝れそうもありません……

 

 

2012年11月12日
中途採用スタッフの面接

今日は朝から面接でした。

当社の場合、一次面接と役員による二次面接。

一般常識テスト、地理テスト、htmlタグのテストなどを行います。

 

今日は2名に内定を出しました。

 

 

新しいスタッフが入ってくるのは本当に楽しみ。
お客様の対応をさせていただくと思いますので、よろしくお願いいたします。

2012年11月11日
2012年11月の売上が好調

例年、年末にかけて売上が上がってくる当社ですが、11月は絶好調。

過去最高の売上を記録しそうな勢いです。


営業スタッフが育ってきたことが一番の要因ですが、本当にここまで来るのは大変でした。


育成に10年かかったと言っても過言ではありません。

 

 

まず、市場の問題。

 

昨年までは和歌山にしか拠点がありませんでしたので、住宅関連以外の企業様に関してはほとんどお仕事をいただけなかったのですが、今は、大阪、東京と合わせて3拠点。

 

営業のスピードが変わったという事が大きな要因です。

 

訪問件数、オファー数とも激増したことが幸いしたのでしょう。

 

やはり和歌山は距離的ハンデがどうしてもあります。

それと、第一に舐められる。

 

田舎のホームページ制作会社ってそんなところあるんです。

 

和歌山だしダメだろう。

みたいな……

 

 

やはり、どんな名人でも魚のいないところで釣る事は出来ません。

 

市場が大事。

 

当たり前ですけど、それって意外と出来ていないんですね。

魚も居ないのに、釣り方も解らないのに、釣れ釣れ!って言っても、そりゃあ釣れません。

 

 

 

 

 

2012年11月8日
人材採用に掛けるコストってどれくらい

 マックスラインさんは良いスタッフが集まっていますね。

と褒められることは少なくありません。

実際、私もそう思います。

 

本当、良い人材に恵まれて感謝しています。

 

では、どのようにして良い人材を集めるのか……
一番のポイントは数多くの人に会う事。

これは営業活動でも同じですが、1人面接して1人採用するのと、10人面接して1人採用するのとでは結果が変わるのは当然です。

 

なので、当社は求人広告費用をこの規模の会社の割には結構使っています。

職安やトライアル雇用など安く人を採用する手法は幾らでもありますが、当社はあまり行いません。

当社にとって人は宝であり、それが商品だからです。

 

腐った商品を仕入れてしまっては一大事。

お客様はドンドン逃げてしまいます。

 

だから広告宣伝費は出来るだけ掛けます。

といっても知れていますが、年間300万円くらいは掛けていますね。


 

2012年10月28日
マックスライン 大阪支店

弊社大阪支店 地下鉄御堂筋線 江坂駅徒歩2分の好立地。 お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。