HOME社長ブログ日常にまつわる話 > 衆議院総選挙が終わって思う事
社長ブログ
衆議院総選挙が終わって思う事

選挙が終わりましたね。

私は東京を離れる事が出来なかったので不在者投票にも行けませんでした。


多分、私みたいな人多いと思うんです。

今まで選挙は全て行ってきましたが、今回初の不参加。



なら、住民票を移すのも一考なのですが、いずれ帰ると決めている和歌山に少しでも貢献する為に今のところそのままにしております。

郵送とかネット投票とかやり方なんて幾らでもあると思うんですけどねえ……



さて、今回の選挙は自民党が圧勝でしたね。
こんな事やる前からわかってる話で、結局何のための解散だったのかと疑問を抱かずにはいられません。


私の選挙区も自民党対共産党。
もちろん、自民党の二階さんの圧勝でしたが……


共産党と言えば、今回、東京駅近郊でのワタミ、すき家に対するブラック企業批判が凄かったです。

社名入りのチラシで痛烈に批判。
facebookでも書きましたが、これに私は大きな怒りを覚えずにいられませんでした。

政治の手法に特定の企業名を持ち出して、痛烈に批判する。
政党運営には国民の税金も使われています。

もちろん、ワタミやすき家の社員の税金も使われているのです。
いわば国民はお客様だと私は思うのです。

それを、名指しで連日連夜批判し続ける。


それを聞いたワタミやすき家の社員はどう思うのでしょうか。

共産党だから言っても良いのでしょうかねえ。
私には到底理解できない。
それどころか、ふつふつと怒りすら湧いてきましたよ。


しかし、日本はこれからどうなってしまうのでしょうか?
高齢化社会、海外企業との競争など課題は山積みです。

税金を払うのはいいとしても、
その税金を無駄金に使わずにビジネスに使ってほしいです。

今の日本はもう瀕死の状態なのですから。



 

お問い合わせはこちら