HOME社長ブログ日常にまつわる話 > まさに死闘。延長50回は凄すぎる
社長ブログ
まさに死闘。延長50回は凄すぎる

 テレビで話題になった軟式高校野球全国大会準決勝の延長50回の死闘。

ただただ一言「凄い」としか言いようがありません。

 

 

硬式に比べて軟式のほうが疲労が少ない。
みたいなことを言っていますが、ピッチャーが多少、肩肘への負担が軽いだけであって、しんどいことに代わりはないと思います。


自分も野球をかじっていましたがそもそも延長試合自体がそうそうあるものでもありませんし、まさに未知の経験をされたと思います。


最近、高校野球では球数制限をするべきだとの話が出ていますが、この問題はかなり難しいと思います。


タイブレークを導入するのも一つのやり方なのかもしれませんが、伝統であったり歴史であったりを一気に変えるのってものすごく勇気のいる事なのではないでしょうか。


恐らくやっている選手達はタイブレークは反対でしょう。
例え、体が壊れたとしても最後まで納得のいく形で戦いたいと思っているはずです。


ただ、指導者としては考えないといけないと思います。
高校を卒業しても野球を続けたいと思っている選手や、2年生ピッチャーなどにはやはり配慮が必要かと。

どちらにしても難しい問題だなと感じました。



 

お問い合わせはこちら