売れないならホームページは閉鎖しろ! 地域密着型ホームページで成功するための経営者のバイブル
企業側が自らやる。業者はあくまでもサポート

パソコンをする人

当社の考えはきっと他の制作会社とは違う。ある意味、制作物に責任を持っていないのかもしれない。
そもそも、ホームページは50%くらいのところまでしか作らない。
施工実績、商品案内などのページ入力最後の仕上げはクライアントにやっていただくスタイルを取っている。
もちろん、どうしても出来ないというクライアントはお手伝いをすることになってしまうのだが、基本的にはクライアント側で行っていただくようお願いをしているのだ。

これには最初抵抗を持たれる方も多い。
しかし、どっちにしてもオープン後は自分たちで更新しないといけないのだからオープン前からやっておくべき。
過去の経験から言って、オープン前の入力作業がいつまでたっても進まないクライアントはオープン後もほとんど更新しない傾向がある。

ページ数が少ないと絶対に効果が出ないという事は導入前に必ず話をしているのだが、それが解っていてもなかなか更新が
進んでいかないのだ。

そんなクライアントにはサポート部から更新するよう促すように指導している。
ただ、クライアントのほうも「ごねんね。ちょっと忙しくて」といった感じでなかなか更新していただけないケースも多い。
本音を言えばこっちで更新してあげたいなと思う時もある。
クライアントとすればお金を払うから代わりにやってよ。といったところだろう。
しかし、それでは本当の意味での成功は無い。
我々がホームページを運用するのではないのだ。クライアント自身の為にホームページはあるのだから。

ただ、そんなクライアントの為に、「鬼の入力合宿」と銘打った研修も行っている。
当社スタッフがクライアントに訪問して呪文のように「更新すれば効果が上がる」と言いながらページをひたすら更新していくのだ。
参加しているスタッフは大変だと思うが、直接経営者に直談判して強制的にもその機会を設ける。
この研修に関しては有料で行っているが、国の助成金を使うケースがほとんどなのでクライアント側の負担はかなり軽減されている。

実際、最初はそこまでしないと動かないケースもあるのだ。
でも、これは無理もない。売れないうちはなかなかそこに投資できないものだ。
「営業で忙しいから更新できない。更新できないからまた仕事が無くて営業で忙しい。」といった負のスパイラルに陥ってしまう。

しかし、更新できないといった初歩的な問題は経営者次第でどうにでも変わる。
経営者がきちんと管理しているのに更新をいつまでたっても行わない従業員はほとんどいないのだから。
私たちが言わなくても全員が更新できるようになって欲しいものだが、現実的に全ての企業が更新してくれる訳ではない。

結果はどうなるか。もちろん売れない。
当社クライアントが全て売れていると勘違いされては困る。もちろん、売れていないクライアントも沢山いるのは事実なのだから。  

 

お問い合わせはこちら
  • パートナー募集
  • 制作会社でお悩みの方へ
  • 他社との違い
  • お客様の声
  • 電話で問い合わせる
  • SEOコラム
  • リフォーム経営者必見! ホームページ集客のプロ大久保誠二のネット集客術
  • 制作実績
  • 成功事例
  • SEO対策診断
  • セミナー情報一覧
  • 勉強会情報
  • PLAN
  • ホームページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • ホームページ+SEOサポートプラン
  • 多言語サイト制作
  • WordPressカスタマイズ
  • スタッフ募集中
  • ABOUT US
  • コンサルタント紹介
  • 代表者挨拶
  • 制作の流れ
  • サポートチームのご紹介
  • Webコンサルティングコラム
  • 訪問エリア
  • 全国出張可
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 旅ブログ
  • 社長ブログ
  • 携帯サイトQRコード
    大阪本社
    大阪府吹田市広芝町10-40
    TEK第1ビル 9F
    TEL:06-6170-2077
    東京支社
    東京都品川区西五反田7-22-17
    TOCビル 8F
    TEL:03-6421-7349
    福岡支店
    福岡市博多区博多駅東2-4-17
    第6岡部ビル 5F
    TEL:092-260-7911
  • マックスリフォーム
  • 街の屋根やさん全国版