売れないならホームページは閉鎖しろ! 地域密着型ホームページで成功するための経営者のバイブル
Analyticsでリピーター数を知る

GoogleAnalyticsでは過去のリピート数を知ることが出来る。
(ユーザー>行動>新規とリピーターで知る事が出来る)

右肩上がりのグラフ

ここで大事なのは割合ではなく、過去と比較して順調にリピーター数が増えているかどうかである。
ユーザーから支持されないサイトはリピーターが増えていかない。
これがずっと平行線、もしくは下降しているような状況なら危険だと判断したほうが良い。

例えば、有名なポータルサイトのYahooやGoogle。
もしくは通販サイトの楽天やamazonなどは日本国民のほとんどが見たことのある人気サイトだと言えるだろう。
このように人気が高いサイトはリピーターによるアクセスが大半を占めている。

これは、地域密着型サイトでも基本は同じだといえる。
しかし、大事なのはその数。

当社のクライアントのトップクラスのサイトはリピートユーザー数が月間5000アクセスを超えているサイトも沢山存在する。
新規とリピーターを足しても1000件に満たないという企業が多い中でこれは特筆すべきポイントだ。
リピーターが多いという事は他にどんな情報があるのか見てみたいというユーザー心理の表れでもある。
もう一度見てみたいと思うサイトはブックマークに追加されたり、ユーザーの記憶の中に社名が残っていたりと
検索に頼らないアクセスが増えてくるものだ。


住宅関連のサイトを運営しているのであれば月間3000件のリピートアクセスは獲得したいところだ。
本来割合を気にする必要はないのだが、アクセス数が少ない状況の時は少し気にしたほうが良いかもしれない。

アクセス数が2000件程度でリピーターの割合が多いという事は逆に言うと
検索エンジン対策がきちんと行われていないために新規ユーザーを拾えていないという証にもなる。


その場合は検索エンジン対策をきちんと行うよう努力すべきであるが、
本質的に大事なのはリピーターが徐々に増えていく構図になっているかどうかだと思ってよい。

「目指せ!ポータルサイト」
その考えでホームページを運用していく事が大事だと言えるのではないだろうか。

お問い合わせはこちら
  • 制作会社でお悩みの方へ
  • 他社との違い
  • お客様の声
  • 電話で問い合わせる
  • SEOコラム
  • リフォーム経営者必見! ホームページ集客のプロ大久保誠二のネット集客術
  • 制作実績
  • 成功事例
  • SEO対策診断
  • セミナー情報一覧
  • 勉強会情報
  • PLAN
  • ホームページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • ホームページ+SEOサポートプラン
  • 多言語サイト制作
  • スタッフ募集中
  • ABOUT US
  • コンサルタント紹介
  • 代表者挨拶
  • 制作の流れ
  • Webコンサルティングコラム
  • 訪問エリア
  • 全国出張可
  • 会社案内
  • 携帯サイトQRコード
    大阪本社
    大阪府吹田市広芝町10-40
    TEK第1ビル 9F
    TEL:06-6170-2077
  • マックスリフォーム
  • 街の屋根やさん全国版
  • 外壁塗装のことなら街の外壁塗装やさん
  • 大阪北摂ベランダ屋根救援隊
  • 大阪北摂雨どい救援隊