売れないならホームページは閉鎖しろ! 地域密着型ホームページで成功するための経営者のバイブル
ロングテールとキーワード数

地域密着型サイトの集客理論と通販サイトの集客理論も基本的には変わらない。
集客の基本はロングテールだ。
数多く検索されるキーワードは実際あまり売上に繋がらないケースも多い。
それよりも、マニアックで少数しか検索されないキーワードのほうが実際は売上に繋がるケースが多いという考え方だ。

例えば、
「横浜 リフォーム」
と検索する人は多いかもしれないが、

ポニーテールの女性が指し棒で説明している図

それよりも検索数が少ない
「横浜 リフォーム バリアフリー 手すり」
というようなキーワードのほうがより具体性があるために仕事に直結しやすいといえる。

アマゾンなどで売れる本には書店に山積みでおかれるベストセラーも確かに含まれているが、むしろあまり著名で無い人が書いたマニアックな本が数多く売れる事により全体の売上が底上げされるのだ。
ロングテール集客を実現する上で重要な指標がキーワード数である。
ページ数が少ないとキーワードの数も少なくなるので結果的にロングテールには繋がらない。
逆にページ数が多いとキーワードの数も多くなるのでロングテール集客に繋がるという事だ。
ここでも、ページ数が多いという事が効果に非常に密接に関係しているのが解る。

ちなみに、どの程度のキーワード数が必要かというと、月間3000アクセスを獲得したいのであれば1500キーワード。
1万アクセスを獲得したいのであれば5000キーワード。
つまり、目標とするアクセス数の半数のキーワードが必要だという事が言える。

これは、実際に運営してみれば解る事だが、少ないキーワード数でアクセスを伸ばそうと思った場合、これから述べる二つの方法しかない。
一つ目はあなたの会社の知名度が業界内でかなり高い場合。
このようなケースでは社名での検索が飛びぬけて多くなって集客が伸びる。
もう一つは、広告を使ってアクセスを伸ばす方法。
お金さえ払えば幾らだってアクセスは伸びる。

広告宣伝費を幾らでも使えると言うなら、ロングテールにこだわる必要はないのだが、お金を使わずに集客する方法としてはこれ以外の考え方は存在しない。


あなたは、「都道府県名+リフォーム」というようなキーワードで1位を獲得すれば月間何件くらいアクセスがあるかご存じだろうか。
地域によって異なるものの、多くても月間200件程度。
少ない地方だと月間20件程度。

つまり、業界の最多検索キーワードで1位を獲得したとしてもせいぜいその程度なのだ。
もちろん、リフォームというキーワードで上位を表示できればもっとアクセスがあるかもしれないが、日本でたった1社しかその権利はない訳で道は極めて険しいのは言うまでもない。

したがって、より具体的なキーワードで顧客を誘導することがとても重要なのだ。
地域密着型企業だからこそロングテール集客をすべきだといえる。

お問い合わせはこちら
  • パートナー募集
  • 制作会社でお悩みの方へ
  • 他社との違い
  • お客様の声
  • 電話で問い合わせる
  • SEOコラム
  • リフォーム経営者必見! ホームページ集客のプロ大久保誠二のネット集客術
  • 制作実績
  • 成功事例
  • SEO対策診断
  • セミナー情報一覧
  • 勉強会情報
  • PLAN
  • ホームページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • ホームページ+SEOサポートプラン
  • 多言語サイト制作
  • WordPressカスタマイズ
  • スタッフ募集中
  • ABOUT US
  • コンサルタント紹介
  • 代表者挨拶
  • 制作の流れ
  • サポートチームのご紹介
  • Webコンサルティングコラム
  • 訪問エリア
  • 全国出張可
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 旅ブログ
  • 社長ブログ
  • 携帯サイトQRコード
    大阪本社
    大阪府吹田市広芝町10-40
    TEK第1ビル 9F
    TEL:06-6170-2077
    東京支社
    東京都品川区西五反田7-22-17
    TOCビル 8F
    TEL:03-6421-7349
    福岡支店
    福岡市博多区博多駅東2-4-17
    第6岡部ビル 5F
    TEL:092-260-7911
  • マックスリフォーム
  • 街の屋根やさん全国版