売れないならホームページは閉鎖しろ! 地域密着型ホームページで成功するための経営者のバイブル
担当者のスキルが売上を大きく左右する〈その1〉

経営者がネット担当者を選任するときに大きなミスを犯してしまう事が多い。

それは、スキルの低い担当者をネット担当者に充ててしまう事だ。

首を傾げる人

例えば営業部の中から担当者を探すとしよう。
Aさん 営業成績は常にトップクラス。セールストークを完璧にマスターしている。しかし、パソコンはあまり得意ではない。
Bさん 営業成績は最下位クラス。セールストークもあまりよく理解していない。しかしパソコンのスキルに関しては社内トップクラス。

この二人から選ぶとしたらどちらを選ぶか考えてみてほしい。どっちだろう。


私が今まで見た限りだと、世の中の経営者はBさんをネット担当者に置きたがる。
つまりパソコンに詳しい人物をネット担当者にしたがるのだ。
しかし、それはとても大きな間違い。

パソコンに詳しいというだけで物が売れるのであればこんな簡単なことは無い。
秋葉原あたりに行ってスカウトすればパソコンに詳しい人間なんて幾らでもいる。

もちろん、AさんとBさんを掛け合わせた、営業成績もトップクラスでパソコンも詳しい。というのが好ましいが、
AさんかBさんを選ぶのであれば、断然Aさんなのだ。

それには理由がある。

一昔前であればホームページを更新する為には、htmlやCSSといった専門的な知識が必要だった。
しかし、今の時代は最低限、ワープロやメールさえ使える人であれば簡単にホームページを更新できるようになったのである。
つまり、専門的な知識は全然必要のない時代になってきたのだ。
だから、パソコンが苦手なAさんであったとしても、十分ホームページを更新することが出来る。
それよりもむしろ必要なのはお客様のハートを動かせるだけの営業力である。

ただ、先ほども言った通り、企業の経営者はBさんを担当に置きたがる。
営業成績トップクラスのAさんをネット担当者に置く事が出来ないケースがほとんどだ。

右肩下がりのグラフ

それは、なぜかと言うと、Aさんを営業部隊から外すと、
「リアルの売上が下がってしまう。」
という恐怖心を持っているからだろう。
もちろん、同じ経営者としてその気持ちはよく解る。
ホームページで明日から結果が出るのであればAさんを置く事も出来るだろう。

しかし現実はそう甘くない。
ホームページが軌道に乗るまでの間、Aさんの売上が無くなるのは非常に痛い事なのだ。
しかし、Aさんを置けないまでもBさんを担当者にするのは褒められない。

AさんとBさん、どちらを選ぶかと言われれば間違いなく営業が出来るAさんだ。

お問い合わせはこちら
  • パートナー募集
  • 制作会社でお悩みの方へ
  • 他社との違い
  • お客様の声
  • 電話で問い合わせる
  • SEOコラム
  • リフォーム経営者必見! ホームページ集客のプロ大久保誠二のネット集客術
  • 制作実績
  • 成功事例
  • SEO対策診断
  • セミナー情報一覧
  • 勉強会情報
  • PLAN
  • ホームページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • ホームページ+SEOサポートプラン
  • 多言語サイト制作
  • WordPressカスタマイズ
  • スタッフ募集中
  • ABOUT US
  • コンサルタント紹介
  • 代表者挨拶
  • 制作の流れ
  • サポートチームのご紹介
  • Webコンサルティングコラム
  • 訪問エリア
  • 全国出張可
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 旅ブログ
  • 社長ブログ
  • 携帯サイトQRコード
    大阪本社
    大阪府吹田市広芝町10-40
    TEK第1ビル 9F
    TEL:06-6170-2077
    東京支社
    東京都品川区西五反田7-22-17
    TOCビル 8F
    TEL:03-6421-7349
    福岡支店
    福岡市博多区博多駅東2-4-17
    第6岡部ビル 5F
    TEL:092-260-7911
  • マックスリフォーム
  • 街の屋根やさん全国版
  • 外壁塗装のことなら街の外壁塗装やさん