売れないならホームページは閉鎖しろ! 地域密着型ホームページで成功するための経営者のバイブル
専門性を高める。複数サイトが常識に。

最近では支店毎にホームページを持つ企業が増えてきた。
当社のクライアントの中では、大手のFC本部が各加盟店にホームページを持つ事を推奨している。

今までは、本部のホームページだけで集客をしていたのだが、それだと地域の競合他社に負けるという事にようやく気付きだしたのだ。
大手チェーンになればなるほど、地域密着戦略に後れをとっているのが現状だ。


また、全国チェーンではなくとも市町村単位で店舗を展開している企業なども同様だと思う。
例えば当社のクライアントで大阪、兵庫、奈良に8店舗を展開しているリフォーム会社があるのだが、現在では店舗毎のホームページを
それぞれ別ドメインで持っている。
大阪という枠組みではリフォーム会社としては広すぎるのだ。
だから、実際に各市にも店舗を出したわけだから、当然ホームページもそれに合わせるべきだと思う。

パソコン4台が繋がっているイラスト

例えば、大手企業でも複数サイトを持つのは当たり前だ。
例えばソニーなどはプレイステーションのサイトとPCのサイトは当然分けている。
ユーザーの視点に立てば当たり前だろう。
これは新規のお客様だけの為に分けているのではなく、既存顧客のフォローの為にも分けているのだろう。

学習塾でも、美容室でも店舗毎にサイトを分けるのは当たり前。それが本当の意味でのSEOとなるのだ。
しかし、複数サイトを展開する際にはミラー判定と、リンクファームには大いに注意したい。
こちらに悪意が無かったとしてもGoogleにスパムと判断されてしまったら、全てが水の泡になる。

ミラー判定の注意点はサイト作りに手抜きをしない事。
もし、仮にサービス内容等全店同じにしたいという場合は、Googleロボットが巡回しないような設定もできる。
そうすれば検索エンジンにヒットしないがミラー判定もされないので安心だ。

リンクファームはやってしまいがちなミス。
全ての店舗毎にリンクを貼りあわずに、本部サイトとだけリンクを貼るなどの対応をすれば回避できる。

*ミラー判定・・・ほかのサイトをコピー、類似しているだけの役に立たないサイト、ユーザにとって価値のないサイトなど品質の低いサイトの順位を低下させるアルゴリズム。そのため重複コンテンツ・類似ページがあると、パンダアップデートなどで順位が下落する可能性がある。

*リンクファーム・・・ハイパーリンクによってページを相互にかつ大量にリンクしているウェブサイト群を指す。リンクファームは検索エンジンスパムの一種である。意味のあるリンクの仕方をしているサイトは、リンクファームとは呼ばれない。

お問い合わせはこちら
  • パートナー募集
  • 制作会社でお悩みの方へ
  • 他社との違い
  • お客様の声
  • 電話で問い合わせる
  • SEOコラム
  • リフォーム経営者必見! ホームページ集客のプロ大久保誠二のネット集客術
  • 制作実績
  • 成功事例
  • SEO対策診断
  • セミナー情報一覧
  • 勉強会情報
  • PLAN
  • ホームページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • ホームページ+SEOサポートプラン
  • 多言語サイト制作
  • WordPressカスタマイズ
  • スタッフ募集中
  • ABOUT US
  • コンサルタント紹介
  • 代表者挨拶
  • 制作の流れ
  • サポートチームのご紹介
  • Webコンサルティングコラム
  • 訪問エリア
  • 全国出張可
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 旅ブログ
  • 社長ブログ
  • 携帯サイトQRコード
    大阪本社
    大阪府吹田市広芝町10-40
    TEK第1ビル 9F
    TEL:06-6170-2077
    東京支社
    東京都品川区西五反田7-22-17
    TOCビル 8F
    TEL:03-6421-7349
    福岡支店
    福岡市博多区博多駅東2-4-17
    第6岡部ビル 5F
    TEL:092-260-7911
  • マックスリフォーム
  • 街の屋根やさん全国版